ロッド

ノリーズのおかっぱり決定版になりそうなロードランナーストラクチャーNXS“STN6100M”

お気づきの方もいると思いますが、すこしずつ僕のタックルはノリーズのロッドが増えてきています。

いま所有しているラインナップはこちらです。

近いうちに僕のタックルは竹林になってしまうんじゃないかと恐怖を感じている日々ですw

ここにきてさらに気になる番手を見つけてしまいました。

 

釣りフェスティバル2021で発表となったロードランナーストラクチャーNXSシリーズの新製品“STN6100M”です。

youtu.be

どんなロッドであるかは、動画をご覧になっていただくのが早いと思います。

開発した伊藤巧選手本人が説明しています。

 

ストラクチャーNXSシリーズはもともとワーミングに特化したロッドです。

ベイトフィネス用のロッドとして“STN660M-St”や“STN670MH-St”が気にはなっていました。

でも自分の釣りでそこまで特化させる必要あるかなぁなんて思って、選択肢に挙がることはありませんでした。

 

ただ、今回のはどうやら違うようです!

 

伊藤巧さんの話を聞く限り、シリーズのコンセプト通りにテストしていった結果、これまでにはないバーサタイルな仕上がりになったいうことです。

スピナベやバズベイトなどファーストムービング系のルアーもこなしちゃうんですって!

 

これを聞いたらめちゃくちゃ気になるw

 

6フィート10インチのミディアムパワーのロッドといえば、日本のバスフィッシングに置けるど真ん中です。

かつてゾディアスで610Mを使っていたことはありますが、それ以降は避けることが多い番手でした。

ボートでの釣行も増えてショートロッドを選ぶようになったからです。

それでもやっぱりオカッパリもすることが多いので、なんでもできるようなロッドが一本欲しいなと思っていたところでした。

 

ノリーズはどれも専門的な役割があるロッドが多いので、ボート用ってイメージが強いです。

「ノリーズは好きだけど……」と思っていたおかっぱりアングラーにはベストなロッドではないでしょうか。

f:id:iwatajubilou:20210126122504j:plain

発売は2021年2月ということで、もうすぐです!

ノリーズのロッドは生産量も多いわけではありません。

好きなときにいつでも買えるわけでもないです。

あとから欲しくなっても1年後みたいなケースもありえますw

 

あぁ悩む……。

リールシートの深緑だけ気になるw

 

それじゃあまた明日。